目前日期文章:20131201 (2)

瀏覽方式: 標題列表 簡短摘要

A.

 言語を勉強するなら文法は欠かせない。なぜなら、文法は言語のルールだからである。ルールを知らないで正しい文を作るはずかない。文法の勉強なしにテレビにしか頼らなかった生徒たちを見れば分かる。いくら上手そうに外国語をすらすら話していても、その外国語は実は間違いだらけなのだ。文が間違っていても結果として意思の疎通ができたら、それはそれでいいが、大事な会議などで意味が全く逆にとらえられたようなことがあったら、取り返しがつかない羽目になるだろう。

 

B.

 外国語の教授法には「ナチュラル・アプローチ(Natural Approach)」というのがある。その中の「習得/学習の仮説(The Acquisition-Learning Hypotheses)」によると、成人の第二言語の学習には「習得(acquisition)」(或いは「獲得」とも言う)と「学習(learning)」の二種類があるとしている。前者は赤ちゃんが母国語を身に付ける過程のように、大人(外国語の学習では先生や外人)の発話を見て、聞いて、そして真似して、無意識的に能力を付けていく方法である。後者は先生や教科書から文法や規則などを意識的に学ぶ方法である。第二言語のコミュニケーション能力は「習得」によってのみ達成され、「学習」はあくまでも補足的な役割しか果たしていないとしている。

TiN 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()

  師走,讀作しわす。是日本古來的和風月名。這裡的師,指的是和尚。傳說這個季節,因為和尚要到處跑來跑去,去各家念經,因此才有「師走」這個名稱。另外,也有人說「しわす」是「四季(しき)が果(は)てる」<は=わ>,四季結束之意,因此才有這樣的別名。一年的最後一個月,就這樣登場了,也祝同學們今天的能力試驗能高分過關。

  和風月名,還有哪些呢?

一月  睦月 
二月  如月
三月  弥生

TiN 發表在 痞客邦 留言(2) 人氣()